更年期障害とも付き合っていく|健康的なライフスタイルを確立する術

考え事をする女性

更年期障害のこと

女性

更年期障害は大体45歳から55歳くらいにかけての更年期(性成熟期から生殖不能期への移行期間)に起こる自律神経失調症や情緒不安定、憂鬱などの精神疾患の総称です。
更年期に差し掛かると卵巣からの女性ホルモン分泌量に変化が訪れます。それによって脳の中で自律神経をになっている視床下部というところに影響が出て、いわるゆ自律神経失調症を引き起こしたりするのです。
代表的なものとしてはホットフラッシュと呼ばれる主に顔がほてったりするもの、通常よりも発汗量が増えたりするものなどがあります。

また、この更年期では子供の結婚や独立などの周辺環境の変化にともなって心理的なストレスが増し、精神疾患を引き起こす事もあります。
女性ホルモンのバランスが崩れる事による自律神経失調症はエストロゲンなどによるホルモン補充療法で治療が可能で、個人差もありますが大体1ヶ月前後で症状の改善を期待する事ができます。
精神的な疾患の場合はボトルとなる問題が解決しない限り継続してしまう恐れがありますのでここは慎重に対応しなければなりません。
このどちらもが同時に発生している時は悪循環になったりもして、自律神経失調症である事が不安定を煽り、憂鬱の一因になってしまうこともあります。発症した病気にもよりますが、放射線治療も一つの治療法として考えられます。
いずれにせよ詳しい検査の上での治療が必要になりますので、何か異変を感じたら専門医へ相談する事をおすすめします。