更年期障害とも付き合っていく|健康的なライフスタイルを確立する術

考え事をする女性

痛風のしくみ

悩む男性

痛風は昔は「贅沢病」と呼ばれていましたが、糖尿病や高血圧とならんで生活習慣病の代表的なものです。
尿酸結晶が蓄積される事によって体内にたまり、それを白血球が異物と認識して攻撃を仕掛けることによって炎症が起こり、激痛を引き起こすのです。
この尿酸結晶は普段から高尿酸血症の状態が続くことによって生まれますので、まずはその状態にならない事が何よりも重要です。

では、尿酸とはそもそも何でしょうか。
尿酸はいわゆる老廃物の事で、主にプリン体から作られます。
良くビールのCMでプリン体◯%カットという文言を聞きますが、そのプリン体が代謝された結果残っているのが老廃物=尿酸となります。
この尿酸は本来でいけば人体の中に常に存在しており、生成と排泄を繰り返しています。
この生成と排泄のバランスが正常であれば何も気にすることはありませんが、外部からのプリン体摂取が多量になりすぎると排泄が追いつかず、血液中の尿酸濃度が高まり、高尿酸血症という状態になります。

高尿酸血症になるとそれ以上血液中に尿酸を溶かすことができず、細胞や関節などの場所で結晶化して尿酸結晶となるのです。
このような状態にならない為にも普段からの予防が大切で、まずは過剰なプリン体の摂取を控える事と、排泄を促す事です。
摂取を控える事については割愛しますが、排泄を促すには沢山水を飲んで、尿排泄などの頻度を高める事が効果的です。
また、放射線治療も可能です。放射線治療は負担も少ないので安心でしょう。その他にも様々な方法がありますので専門の病院などに相談してみると良いでしょう。